TOP » .kyotoとは

.kyotoとは

新トップレベルドメイン「.kyoto」がスタート!

ドメイン名とはインターネット上の住所であり,情報の発行元を示します。

日ごろ何気なく目にする「.com」には商業(commercial)という意味があり,あらゆるトップレベルドメイン(TLD)には意味が付与されています。

日本で唯一,教育機関が運営するトップレベルドメインとして「.kyoto」が誕生します。

貴方のお名前.com→貴方のお名前.kyoto

京都府の支持と,ICANNの承認を受けています。オール京都で公益を最大化!

本事業は,京都情報大学院大学がICANNより承認を受け実施。公益性を重視した本学の考え方を京都府が支持してくれました。
オール京都での京都ブランド力アップ,青少年のための安心・安全なクリーンドメイン構築実現のために取り組むものです。

「.kyoto」は十分な管理・統制を行いクリーンなドメイン名を目指します。青少年がアクセス・閲覧しても安全なサイトをリストアップするなどして,学校の授業などでも安心して活用できるような体制づくりを模索します。
そのためには例えば,ホワイトリストを作成するなどが考えられます。地域の学校とPTAなどとの連携が必要ですので,協力を呼び掛けていきます。

フィジカル京都とサイバー空間「.kyoto」の融合

行政・産業・学校・地域の連携でオール京都の体制をつくり,一体感を醸成しながら京都所管の情報を集約します。

インターネット上に散り散りになっている京都の観光から暮らしに至るすべて情報を「.kyoto」上に

「世界の京都」のブランド力の強化

ISO国際標準の「.kyoto」だから,高い信頼性をもって京都ブランドを世界に向けて発信します。

「京都発」が一目瞭然,高い信頼性

「.kyoto」は,府民のみなさん,企業,行政,教育機関などをつなぎ,「京都」にこだわって発信するドメインです。
このドメインがあるサイトなら検索エンジンでも京都ブランドを証明できます。

想定事例1

想定事例図

QRコードと「.kyoto」ドメイン名を連動。ドメイン名を通じた認証システムで商品のトレーサビリティの信頼性をアップ!

想定事例2

ビッグデータ解析を元に,「.kyoto」上に集約される様々な情報を解析し,ビジネスインサイトに転換!

想定事例3

プラットフォーム化でもっと便利な京都のためのコミュニティづくり。オール京都で取り組む「.kyoto」ならではの協業を地域に育みます。

けいはんなオープンイノベーションセンター(京都府所有)に拠点

サイバー京都研究所(けいはんなオープンイノベーションセンター)を活動拠点として開設。
行政・産業・学校・地域の連携でオール京都の体制をつくり,一体感を醸成しながら京都所管の情報を集約します。

サイバー京都研究所

目的
「京都」のブランド力の向上
リアルな京都の情報発信の強化
地域の活性化
産官学の協力体制で公共性を重視した安心・安全なシステムを構築